MENU

子宮頸がんの原因と予防注射

癌にも色々あり、ウィルスによって引き起こされる癌も存在します。それは子宮頸がんです。

90年代以降、20?30代の若い女性における発症率が急増している「子宮頸がん」を予防するワクチンが、国内で承認されました。

子宮頸がんの原因は「ヒトパピローマウイルス(HPV)」で、承認されたのは、「サーバリックス」「ガーダシル」2種類のHPVワクチンです。

ただ、認可されたと言うだけで、国の補助はなく、多額の費用をかけて個人で打たなければならないので、実際に受ける人は少ないでしょう。

そこで今色々なところで、自治体が全額補助という形で、うけられる市ちょぅそんが少しづつでてきています。

特に十代のうちに受けることで予防効果が高まるといわれていますから、一般の予防注射ように学校で受けられるようにすればいいと期待します。


子宮頸がんの原因と予防注射関連ページ

老廃物の少ない体に
男もも女も若く健康で美しく痛いと思う人のためのアンチエイジング、若が絵に、老化させない、美容の方法についてのまとめ